8月 30, 2015

早発射精は男性にとって大きなコンプレックスとなっていることが多く、女性へ積極的に動くための妨げになってしまう原因にもなります。しかもこれまでは早発射精に関して特効薬はなく、どうしようもないものだと諦めていた人もたくさんいました。ところが何年もいろんな研究がなされた結果早発射精に関しても効果的なダポキセチンという薬が開発されました。この早発射精に関しては市販軟膏を塗ることで治るという噂が出ていました。なぜ市販軟膏が効果的だといわれていたのかといいますと、この市販軟膏には麻酔成分であるリドカインが含まれているからです。麻酔成分によって陰茎の感度を鈍くさせることができるので、早漏には効果があるといわれていました。では実際にはその効果はあるのでしょうか。麻酔効果によって多少は効果を感じることができますが、治すものではありません。ですから、結果的には全く何もしないよりはマシという程度です。効果が出る人、出ない人に分かれるのも事実です。 ダポキセチンはヨーロッパを中心に世界60か国以上で認可されていますし、そのうち30か国以上で実際に使用されています。2012年に日本国内に初めて早漏治療専門外来を開設したクリニックがダポキセチンを輸入する許可を得て以来、日本国内でも効果を得ている患者がたくさん現れました。ダポキセチンは20歳未満や65歳以上の方へは処方を行なっていません。性行為の1時間から3時間前に内服しましょう。30mg錠は24時間に1錠で服用を始め、効果があまり感じないなという時には医師と相談して24時間で2錠までならば服用しても大丈夫です。空腹時でも食事の時でも服用は大丈夫で、どちらの場合も効果が変わらないのがメリットです。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme