11月 18, 2015

逆行性射精障害は射精をした時に精子が膀胱の方へ逆流してしまう病気で、30代の男性でもなる可能性があります。とくに逆行性射精障害のリスクが高いとされているのは糖尿病などで末梢神経や細い血管に異常が見られるという場合で、30代でも糖尿病などの病気にかかっている場合には逆行性射精障害のリスクが高くなります。この病気は射精をした時の精子が少なくなることで不妊のリスクが高まるので、30代の男性の場合はパートナーとの子供を作る可能性があるので、手術などをして根本的に治すこともあります。ダポキセチンは抗うつ薬やパニック障害の薬として服用されているもので、インドの製薬会社が製造しているジェネリック医薬品です。価格は1ヶ月分で1万円程度となっています。ダポキセチンはネット通販サイトなどで手に入れることができるので、医療機関を利用できない場合などにはネット通販で手に入れたダポキセチンを服用することが可能です。またEDや早漏治療の専門クリニックでも処方を受けることができるので、医師や薬剤師のアドバイスを必要としている場合にはクリニックでも手に入れることができます。ダポキセチンはうつ病やパニック障害の他には早漏の治療に使われることが多く、この薬を服用すると射精が遅くなるので、射精時間を長くすることができます。また興奮を抑えたり、不安を軽減させるなどの効果があるので、早漏の精神的なストレスを軽減することができます。早漏は一般的には亀頭の過剰反応であるとされているのですが、根本的には精神的なストレスが関わっているので、ダポキセチンを服用することで根本治療をすることができます。副作用に関しては胃痛や吐き気などがあるので、マニュアルをしっかりと読んでから服用する必要があります。 [...]
Read More »

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme